自毛植毛を行うと言う事はデメリットも多い事も知っておく

hair transplantation

自毛植毛は不自然な仕上がりになりやすい

頭を抱える男性

自毛植毛を受けた後は、生え際の植毛が一番仕上がりが不自然になりやすいです。
そのため、生え際に髪を移植する際は、髪の濃さと長さを考慮して移植しないと、カツラのような不自然な見た目になるとされます。
しかし、知識や技量が豊富な医師が植毛を担当すれば、植毛しても不自然な仕上がりになりにくいとされます。
とはいえ、自毛植毛は自分の髪を移植するので、人工毛を植毛することはないので、自毛植毛でかなり不自然な仕上がりになることは少ないです。
そのため、自毛で不自然な仕上がりにならないようにするには、髪の密度と濃さが他の箇所と違いがないことがポイントです。
ちなみに、自毛植毛を受ける前はカウンセリングによって、医師と相談できるので症例写真を見せてもらうこともできます。
さらに、自毛植毛によって仕上がりが不自然になるかどうかを質問するのが重要です。
なぜなら、技術と経験に優れた医師なら的確に質問に応じてくれるからです。
また、実績のあるクリニックならば症例数が豊富に揃っているので、生え際の施術例を多数紹介してくれます。
植毛を受けた後に仕上がりが不自然であれば、再び植毛手術を受ける方法もあります。
けれども、費用が掛かることになるので、再度植毛を受けるならカウンセリングの時に決断するのがお勧めとなります。
自毛植毛は不自然な仕上がりになりやすいですが、人工植毛よりかなり不自然な仕上がりになる確率は低いとされます。

傷跡が残ってしまう自毛植毛について

自毛植毛において、髪を移植する時に後頭部から側頭部にかけて生える髪を薄毛が進行している箇所に移植します。
その影響により、必然的に後頭部には傷が入ることになる上に、自毛植毛は皮膚ごと髪を採取する方法がメインとなります。
そのため、植毛した後は採取した箇所に傷跡が残ることになるので、傷跡によって日常生活に支障をもたらすことがあります。なので、採取した部分を刈り上げると傷跡が見えるので、自毛植毛を受けたら短髪にすると傷跡が目立つことになります。
とはいえ、自毛植毛を受けた人の中には、頭皮にできた傷跡を特に気にしない人もいますがそれほど多くありません。
そのため、植毛した人は頭皮に傷跡が残るのを失敗だと感じる人傾向にあります。
しかし、植毛した後は後頭部を刈り上げられない状態だとしても、生活するのに困るというケースに遭遇することはあまりないです。
仮に、美容室でカットしてもらう時でも自毛植毛を受けたことを伝えなければ、特に言及されません。
ちなみに、自毛植毛には頭皮を切らない方法として、ドナーを皮膚ごと採取せずに毛根と毛をくり抜かます。
よって、頭皮に線上の傷跡は残らずに細かい斑点上の傷が残るので、頭皮を切らない植毛は傷跡が非常に目立ちにくいです。
傷跡が残る自毛植毛は、頭皮を切開しない植毛方法であれば刈り上げたとしても傷跡が目立つことはありません。

失敗することがある自毛植毛

薄毛が気になる箇所に髪を移植する自毛植毛は、医療ミスによる想定外の悪い状況になる可能性があります。
また、FUE法とFUT法は医師の手で行う植毛となりますが、医師の技術不足によって定着率が低下することもあります。
そのため、自毛植毛を受けることにより、女性客する前より植毛した後の方が仕上がりに違和感を感じさせるという失敗に終わることがあります。
とはいえ、機械の手で行う植毛方法があるので、機械で行えば医師の技術不足による医療ミスが起こる確率を減らせます。ちなみに、自毛植毛において失敗したとしても、何らかの症状に追われることはありません。
なぜなら、移植するのは自分の髪なので、皮膚が拒絶反応を起こすことがないからです。
また、自毛植毛はアレルギー反応によって肌がひどいかぶれを引き起こすこともありません。
けれども、自毛植毛で失敗として主に認識されるのは、植毛しても移植した部分の髪が定着しないことです。
よって、自毛植毛において失敗となるのは、十分な増毛効果が得られないことにあります。
なので、自毛植毛によって増毛効果と薄毛の改善効果を確実に得るなら、医師の技術と植毛後のケアに大きく左右されます。
医療ミスによって定着率が低下するのを防げれば、自毛植毛を受けて失敗に終わるという事態になることはありません。


自毛植毛を受けてみませんか?安心の施術で最新の技術で自毛植毛することができるのです!アスク井上クリニックでしかできない施術をぜひ受けてみてはいかがでしょうか?

トピックス