自毛植毛を行うと言う事はデメリットも多い事も知っておく

hair transplantation

医療費控除の申請ができる?

自毛植毛は保険が適用されないので、掛かる費用は全て自分で払わなくてはなりません。自毛植毛は美容整形などと同じで、審美目的に行われるものだとされ保険が適用されないのです。それでは、医療費控除はどうなっているのでしょうか。 医療費控除は年間の医療費合計が10万円を超えた場合、確定申告時に申告をおこなうことで一部が還付されるものです。病院での治療代や薬代、薬局で購入した薬代、妊娠中の検査費用や出産費用など様々なものがこの医療費に適応されますが、自毛植毛はどうでしょうか。
自毛植毛の場合、審美目的であると医療費とは認められませんが、場合によっては医療費として控除の対象になることがあります。例えば、事故や火傷などで髪の毛がなくなり、その部分に自毛植毛を行った場合などは医療費として認められることもあります。また、自己免疫疾患などによって円形脱毛症が起こり、そこへ自毛植毛を行った場合、またはストレスや鬱といった精神的な疾患による脱毛に対して行った自毛植毛などにも、医療費控除の対象として認められることがあります。審美目的ではなく、治療目的で行ったかどうかが重要なカギになります。
判断がなかなか難しいところもあるので、もし医療費の対象になるのでは?と思う時は、税務署に相談をして判断を仰ぐようにしましょう。

トピックス